読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むろみとカルチャーは今夜も夢中

一期は夢よ、ただ狂え

DYGLを観てウルウルした話。

どうも。サブカルクソ野郎改め、サブカルクソ〈ナルシスト〉←NEW!野郎こと、むろみです。

 

皆さんDYGLってバンド知ってますか?〈デイグロー〉って読みます。

4人組です。

日本人です。

海外でも活動しています。

めっちゃかっこいいです←主観

めっちゃ見た目若いです←主観

あの中の誰かに生まれ変わりたいです←知らん

 

本日2017年5月14日、渋谷WWW Xにて行われたDYGL初のワンマンライブに行ってきました。

それがめっちゃ良かったので、主観だらけの感想をここに書き残しておきます。(※多少ネタバレあり)

 

f:id:muromimusic:20170514225300j:image

 

そもそもの出会いは、昨年の夏にLIQUIDROOMで行われたThe fin.との対バンに出ているのを観てから。「Let It Sway」という曲のかっこよさに衝撃を受け、みるみるうちにハマって今に至るわけです。

 

当時は"誰も知らねぇバンド見つけたった!”みたいな気持ちで聴いていたんだけど、あれから1年も経ってないのにもうWWW Xのワンマンがソールドアウトして追加公演が決まるまでに!

 

みんなセンス良いね!!

俺も含めて!!!!!!!!!!

 

 

そしていよいよ幕が開く。

"さてどんなステージを観せてくれるのかな?"と斜に構えて腕を組んでいられたのも最初の数秒だけ。

 

新作『Say Goodbye to Memory Den』の1曲目を飾る「Come Together」のイントロが始まった時点で、もうかっこよすぎてニヤついていました。「Take It Away」で会場の温度を上げると3曲目でもう「Let It Sway」!

 

びっくりしたのとかっこいいのとまた生で聴けて嬉しいのとで、もう私の両目はウルウル。誰かの髪の毛が1本でも当たるもんなら、両目ダムが決壊するところでした。

 

何回聴いてもやっぱり良い曲だし、EP『Don't Know Where It Is』に入っているバージョンとは違ってかっこよさに磨きがかかっているし!もう!ね!最高!

語弊を恐れずに言うとOasis × The Beatles

今やどっちも現存していないけど、日本にいたよ!!!!!

やったね!!!!(テンションがおかしい)

 

 

さて、気を取り直して。

彼らの曲全てに共通しているのは、ロックンロールなのに泣けるところ。

かっこいいのにどこかノスタルジック。そして、広大な荒野に置き去りにしたような寂しさがあるんだよな。

そこから大きな声で叫んでいるような感じがするんだ。

その孤独感がロックンロールと共鳴して、心を揺さぶってくる。

 

さらに、回り出すミラーボールがノスタルジックさを増幅させるし、本編ラストの「Don't Know Where It Is」は、その迫力あるアンサンブルに痺れまくった。そしてここでもウルウル。叫びのような歌声が心にグサグサ刺さった。

 

そうして一通りウルウルして気がつくと、やる気でみなぎっている自分がいた。

楽曲から伝わってくる"あっ、俺だけじゃないんだ"という安心感で、心が満たされたのかもしれない。

 

正直、行く前は5月病をこじらせていて会場に向かう足が重かった。

 

でも会場出た後は、なんだか足取りも軽やか。このままどこか映画館にでも入ってレイトショーでも観に行こうかと思うくらい。(明日早いから断念したけど)

ふらっと入って食べた牛丼の味も、心なしかいつもより美味しく感じる。

電車の中でカバンを当ててくる無神経おばさんも、今日なら許せる。

 

DYGLは乾ききった心を潤してくれるバンドなんだ。

心を潤すのにわかりやすくて感動的な歌詞なんかいらない。

全編英語で歌う彼らの音楽がそう教えてくれた。

 

大事なのは言葉じゃなくて魂。

 

う〜ん!にくいね!こんなにクサいセリフが似合うクールなバンド他にはいないよ!

 

演奏時間がアンコール含めても1時間ちょいというのも潔ぎ良くてクール!

 

短くても満足感はしっかりあるから、大事なのは時間じゃなくて"密度"なんだなということも改めて実感。

 

オーディエンスも、もみくちゃになるわけでもないし、タオルを振り回してホコリっぽくなることもないし、騒ぎまくって当たり屋みたいなことをするキチ〇イもいないし、とっても快適に観られた。

 

こういうバンドがもっと大きくなってもらわないと困る。

 

これから彼らがどんな道を歩んでいくのか、本当に楽しみ。

そういえばフジロックの出演も決まっているじゃないか。一番大きなステージに立つ日も意外とそう遠くないかも。

 

あなたもチケットが取れなくなるほど大きくなる前に、是非。

 

DYGL「Let It Sway」Official Video

 https://youtu.be/F_7z9JMvi4Y